西宮市甲子園のインディバエステとさとう式リンパケアと加圧の老舗サロン  ビューラー大谷の美と健康のコラムです。酵素飲料、ケトジェニックダイエット(糖質制限)、ドクターリセラ、オーガニックプレミアムパウダー、そして、趣味である映画、JAZZ、カメラ、ネコ、阪神についていろいろ語ります。


by b-ohtani

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
インディバ
オーガニックプレミアムパウダー
加圧トレーニング、さとう式リンパケア
不再生電気脱毛(ニードル脱毛)
その他フェイシャル
ビューティーヘルスケアの酵素
ドクターリセラ化粧品
ダーマロジカ化粧品
糖質制限、糖質選択、ケトジェニック
美容コラム
健康、ダイエット、アレルギー
お客様のお声
ネコたち
食べました
カメラ
JAZZ
映画
日々雑多

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

お気に入りブログ

リンク

最新のコメント

ホズミちゃん! 「トク..
by b-ohtani at 23:59
そうなんですよねえ…みな..
by hosumi_moriwaki at 21:50
ホズミちゃんとこでもアッ..
by b-ohtani at 10:50
れいこはん、ライブで観れ..
by hosumi_moriwaki at 07:01

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

美容・健康
健康・医療

画像一覧

日焼け止めをなめんなよパート2_「紫外線散乱剤は皮膚ガンのもとになる」と言うてるヤツ、ちゃんと調べてから言いなはれ(笑)

西宮市甲子園のトータルエステティックサロン ビューラー大谷

パート1から間が空いてしまいましたが、
今日もたっぷり日焼け止めについて書く予定の
旅行中の日焼けで肩が黒い大谷怜子です!

f0135940_12395512.jpg
こないだインディバの講習会で
焼けてるとこを見られないように羽織りモンを着てたけど
暑くて脱いだところを仲間に激写されたところ(笑)




ところで前回、
1,「ワタシ、インナーケアを十分にしてるから日焼け止めは使いません」

2,「この○○の塩を摂ってたりスプレーしたりしてるから
   日焼け止めなんか塗らなくても焼けたことありません」



とか言うてはるヒトを「ギャフン」と言わすことを目的で書いたので、
今日は「3」です。
(実際に「ギャフン」と言うヒトはいないでしょう)



3,「日焼け止めは肌に悪い化学物質で
   塗った方が皮膚ガンになりやすいからやめておいた方がいい」



う〜む・・・

これはキチンと理解しておかないといけない
大事なことです!!


この記事を書き始めたとたん、引き寄せられたかのように
下記の文章がネットでアップされているのを読みました。


誰が書いたか知らんけど、
内容が実にアバウトで、いろんなエセ情報をかき集めて
とりあえず「ディスってみました」感がスゴいです(爆)


紫外線をなめんなよ!(爆)

良い子は(?)あんましこの文章を
あてにせんとってくださいね\(^O^)/


しかし、若干問題としないといけない点がありますので、
書き連ねていこうと思っております。

また長いのでご容赦を(; ̄O ̄)


______________

とりあえず、紫外線がカットするモノは
大きくふたつあります。


紫外線吸収剤 と

紫外線散乱剤 です。


読んで字のごとく、皮膚の上に塗って
吸収剤は紫外線を吸収し、
散乱剤は散乱させるワケです。


もっと細かいことを言うと、
吸収剤は紫外線のエネルギーを熱や赤外線に変化させて
皮膚に吸収させないようにしてます。

吸収剤のきつい日焼け止めは
塗ったときに、お顔がポワッと熱くなったりしますよ。
(効果の高いモノならこうなります)


実は、吸収剤は立派な「添加物」なんですよ(ToT)
お肌の弱い人は塗るとトラブルを起こしやすいです。


しかし、紫外線をただ散乱させるだけの散乱剤よりかは
効果は高いので、「必要悪」的なところもありますが、
我々エステ業界ご用達の化粧品メーカーが作っている日焼け止め、
特に、無添加を謳っている化粧品メーカーには
ほとんど「吸収剤入り」は無いと思います。


ウチで扱っている商品では、2社ほどに「吸収剤入り」があります。

メーカー側が内容成分を変更して
吸収剤を入れてしまったとたん、「ポワッ」として
「チリチリする」とおっしゃる方が続発(; ̄O ̄)

怖がってファンが離れてしまった商品があったりもします(汗)

幸い、ウチでは何社かの何種類もの商品を扱っているので、
それぞれそのお客さまに合った商品を選び直して対処しました。



ちなみに、散乱剤は白い粉体でできているので、
塗れば日焼け止め独特の白っぽさが出るんですけど、
吸収剤は無色なので、
市販の日焼け止めで「白くならない」を謳っている商品は
吸収剤が中心だと思われます。

因って、お肌への負担はアリアリで、お肌の弱い人は要注意ですね!!


買うときに箱やボトルの裏側に
以下のような成分表記があれば、吸収剤入りです。


t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン

メトキシケイヒ酸エチルヘキシル

オキシベンゾン-3


これらの名前が羅列してある成分名の
最初の方に書いてあって、尚かつ白くならなかったら
相当きついヤツです。
気をつけましょう\(^O^)/

___________

では、ここからは紫外線散乱剤について書きますね!!




酸化チタン、酸化亜鉛 がそれにあたります。


日焼け止めのほかにも、
天然の白色顔料として
ファンデーションや粉おしろいとかにも入っています。




ちなみに、我々の業界では、基本、

吸収剤は合成添加物
 
散乱剤は安心安全


という認識でお客さま方にも指導しており、
実際、アトピーなどのあるお客さまが塗っても
かゆみすら起きず、お気軽にオススメしておりました。


そしたら、最近になって、

酸化チタンと酸化亜鉛は紫外線を当てると、

 その光触媒作用により

 活性酸素を発生させてしまう


ということがわかってきたんです(; ̄O ̄)



つまり、おおざっぱに言うと、


「酸化」チタンとか、「酸化」亜鉛とか

とりあえず、「酸化」とついてたら、

肌に直接当てると活性酸素が発生して

「酸化する」
んですって(ToT)


シミができないように一生懸命お肌に塗ってたら


日焼け止めと肌が触れているところに

活性酸素が発生して

結局はシミの原因になっている




ということなんです。



ガビーーーーーン!!!



そそ・・・・そんなぁ〜(ToT)


安心でも安全でもないやんかぁーーー!!!

・・・・とツッコミたくなります(ToT)






そんな情報を、ウチがメインで扱っている
オーガニックプレミアムジャパンの
「まごころ総合美容」さんから以前伺いました。


まごころ総合美容さんは、
基礎化粧品のラインを発売させてまだ1年ちょっとですが、
原材料を全部自分のところで作っている
新進気鋭の強力な会社で、
特許技術や特許成分もたくさん持っているんですよ。

当店の人気メニューである「オーガニックプレミアムパウダー」を
開発した会社でもあります♥


ちなみに、オーガニックプレミアムジャパンは、

人間の身体の中で酸素の次に多いミネラルの「ケイ素」を
たくさん含むキビやイネを
農薬などでおかされていない土壌で無農薬で育てて、
しかもそれを乳酸菌で発酵し、採りだした独自製法の
Siプラントファーメント」をベースに化粧品を作っています。


通常の化粧品は、ベースが「精製水」ですが、
オーガニックプレミアムジャパンの商品は
そのベースが「Siプラントファーメント」
ケイ素の発酵液な訳です。

発酵さしてあるお水がベースで、
それだけで十分に立派な美容液となるわけです。


そのようなケイ素の発酵液がベースになっていると
皮膚の上に軽く皮膜が張るため、
酸化亜鉛や酸化チタンが直接肌に触れることはありません。

ホンマにようできてます\(^O^)/
f0135940_19370384.png

しかも、最近になって注目を浴びだした

フェルラ酸」というポリフェノールが
紫外線吸収剤と同じような仕事をしてくれるとのことで
そちらも使われています。

抗酸化物質のポリフェノールでもって
紫外線をブロックしてくれるのってありがたいやん♡


とワタシの中では最高の位置づけとなっております。



あまたあるエステ系化粧品業界の方々から
今までこの事実を聞いたことがなかったので、
ご存じなのか興味が涌き、
それぞれ伺ってみました。


そしたら、みなさん当然ご存じでした\(^O^)/


エステ系で無添加を謳っている最強最大手の
ドクターリセラ社では

すべての日焼け止めやファンデーションで
酸化亜鉛は使わず、すべては酸化チタンで、
必ず、水酸化アルミニウム、ステアリン酸、シリコン等で
コーティングして、お肌に直接触れないように
してあるそうです。
(あ そうそう!シリコンも安心成分なんだけど
 忌み嫌われすぎ2位の地位にありますね
 長くなるからここでは語りませんが安全です)


おまけに、最近新発売になった「DIVA」シリーズのUVミルクには、

「酸化セリウム」という成分を使っているそうです。

酸化亜鉛や酸化チタンよりも効果的なんだけど、
これらふたつより「酸化」しやすいそうで
以前から注目していたのにもかかわらず
躊躇してたんだけど、

「白金(プラチナ)でコーティング処理する」

ということで製品化に成功したとのことです。


その他、サロンに通ってくれている
某大手エステ系メーカーの元開発技術者さんに聞いたら、


そもそも、酸化亜鉛や酸化チタンは粉体で、
液体の中で分散せず沈殿してしまうので
その安定性を確保するために
普通はシリコンなどでコーティングをするのが
あたりまえなんですって\(^O^)/


な〜んだ(笑)

心配ご無用やん\(^O^)/


もちろん、これは我々業界の常識であって、
お安い市販の商品とかは知りませんよ。

それと、ホンマに危ないのは、
添加物とかを異様に嫌っている
ナチュラル系のメーカーとか
なんでも手作りしてしまうマニアの人たちだそうで、

酸化亜鉛や酸化チタンにミツロウとか
アロマオイルを混ぜて、小さい容器に入れたものを
2週間くらいで使い切って
残りは冷蔵庫保管するとかのパターンですね。


安全だと思って手作りしていたら
逆に直接肌に触れさせて酸化させ、
シミの原因を作っていたという
本末転倒なハナシ(ToT)


上記に添付した「トンでも日焼け止め毒性論」にも
書いてあった文章の一部を転載します。


更に多くの化粧品に登場する界面活性剤
(成分表記名は多岐にわたる)が
毒性成分を細胞奥深くまで浸透させる役割を果たし
細胞破壊を助長させています。

多くの化粧品メーカーは商品の差別化を図るため
「天然の~を配合」とか「自然から抽出」という
謳い文句でそこだけに絞った
大きな宣伝を仕掛けますが、
商品裏の成分表記をみると
びっしりとこれらのカタカナ用語で
毒性成分の化学物質が含有されています。


↑こんなふうに、
そもそも、箱の裏の「カタカナ成分」を
全部「石油系合成添加物」と勘違いしている人が多すぎます。

同じ名前でも、原材料が石油由来じゃなくて
植物由来の場合もあるんですよ。

残念ながら、同じ名前になっちゃうんですよ〜(ToT)
分けてくれたらいいんですけどね(汗)

例えば、みなさんが忌み嫌う悪名高き防腐剤の
パラベン」がありますが、
パラベンが嫌われすぎて、
代わりに使用されるようになった
フェノキシエタノール」も、
植物由来のものがあります。

ウチで扱っているオーガニックプレミアムジャパンの商品には
玉露由来のフェノキシエタノール」が使われていますよ。

こういう成分を入れたくなくて
手作りをしてみて、
逆に痛い目に遭ってしまうという
本末転倒なことはやらかしてないですか??




ながながと書き連ねましたが結論。


日焼け止めは塗るべき


ちなみに、ワタシは万能ではないので
市販のドラッグストアで売ってる商品の
ひとつひとつのことなんか網羅できませんから、

「○○って商品は大丈夫ですか?」

とか聞かんとってくださいね\(^O^)/


ヒントは書いてるんですから、
安心安全かどうかは自己判断で使ってください。


ワタシが言えるのは

ワタシが推奨している商品のみ

オススメ!!


ということだけです。



自分で選ぶ自信がないけど

キレイに年を重ねたい

シミで悩みたくないとおっしゃる方は

ワタシの言うこときいてちょーだい(笑)



ウチのサロンではそういう安全で安心で
尚かつ効果的な商品をご紹介することができます\(^O^)/


ちょっと気温がピーク時よりは低くなってるけど
紫外線は冬でもさしてますからね〜!
季節関係なく塗ってくださいね\(^O^)/
f0135940_19480477.jpg


[PR]
by b-ohtani | 2017-08-28 23:15 | 美容コラム | Comments(0)