西宮市甲子園のインディバエステとさとう式リンパケアと加圧の老舗サロン  ビューラー大谷の美と健康のコラムです。酵素飲料、ケトジェニックダイエット(糖質制限)、ドクターリセラ、オーガニックプレミアムパウダー、そして、趣味である映画、JAZZ、カメラ、ネコ、阪神についていろいろ語ります。


by b-ohtani

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
インディバ
オーガニックプレミアムパウダー
加圧トレーニング、さとう式リンパケア
不再生電気脱毛(ニードル脱毛)
その他フェイシャル
ビューティーヘルスケアの酵素
ドクターリセラ化粧品
ダーマロジカ化粧品
糖質制限、糖質選択、ケトジェニック
美容コラム
健康、ダイエット、アレルギー
お客様のお声
ネコたち
食べました
カメラ
JAZZ
映画
日々雑多

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

お気に入りブログ

リンク

最新のコメント

さすがホズミちゃん!さい..
by b-ohtani at 00:20
映画もとても良かったです..
by hosumi_moriwaki at 20:52
ホズミちゃん ありがたい..
by b-ohtani at 13:30
お疲れ様でした!そして、..
by hosumi_moriwaki at 07:28

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

美容・健康
健康・医療

画像一覧

カテゴリ:糖質制限、糖質選択、ケトジェニック( 20 )

糖質制限から糖質選択へ 鈴木功先生の講演を聴く

西宮市甲子園のトータルエステティックサロン ビューラー大谷

大谷怜子です!


それにしても毎日凄い雨ですねぇ〜
明日は台風(汗)選挙の行方も気になりますね。


ところで、改めて
ビューティーワールドウエストに行ってきたお話し。
(アップが遅くなってごめんなさい)


今回の1番の目的は、午前中の鈴木功先生の講義でした。
f0135940_00192470.jpg
普通にお医者さんになられてから中医学を学び、
一般病院での治療に限界を感じはったそうで、
鹿児島市で内科クリニックを開設された先生です。


以前、厳格な「糖質制限」を自ら実施し、
そこからさらに一歩進んだ
糖質選択」という考え方を提唱しています。


鈴木先生のみならず、
糖質制限を推奨している先生方はみんな
自ら人体実験をされて、
体感や数値の変化や、ご自身の患者さんたちの症例でもって
どんどん新しい考えや理論を構築なさるので、
1年前の常識が古びたものになったり、
いろいろな流派(?)が生まれてきたりしてます。


5月にあった東京でのビューティーワールドでも
先生は講演をなさってるんですが、
そのとき使用したパワポの資料の内容が
もうすでに「過去のモノ」となってはりました。


ここ1ヶ月くらいでご自身で気づかれた理論を
facebookで日々アップされているのを
読ませてもらってるんですが、
とにかく、糖質制限業界(?)は日々変化しています。




とりあえず、
今までのダイエット理論の常識だった

「カロリー制限と運動で痩せる」

というのがどれだけ破綻しているか

ということを理論的に説明されました。





カロリー計算は、人によって基礎代謝も全然違うし、
複雑でみんなにあてはめにくいです。



身体の恒常性の維持(ホメオスターシス)するシステムがあるせいで、
身体が「食べろ」と要求するセットポイントが変わるだけです(; ̄O ̄)



カロリーを制限したら、脳はその人の基礎代謝自体を落としてまで
飢餓感を加速させ、体重をそのセットポイントに維持しようとします。

要は、省エネモードで生きてしまう


ということです(; ̄O ̄)





糖質制限を勉強している人には、
これはもうあたりまえ過ぎるハナシなんですが、
会場には実施したことない、あんまり知らないという
方々もようけいてはったので、
基礎的なこういう部分はもちろん大事です\(^O^)/





ところで、なぜ過食してしまうか・・・(>_<)

糖質(甘いモノ、ご飯、パン、麺類)への依存が強すぎて
中毒が起こっているわけですが、
その中毒はなんでおこってるかメカニズムでご説明します!



1,糖が身体に入る→ 
高血糖になる

2,
追加インスリンが出る(タンパク質でもゆるやかに出ることがわかってきた)

3,血液の中に入った糖が細胞の中に取り込まれる

4,血液の中の糖が少なくなった → 血糖値が低くなる

5,低くなってフラッとするし、また簡単に血糖値を上げようとして
  糖に依存してしまい、また欲しくなる

6,頻回摂取(しょっちゅう甘いモノを口にしたくなる)

7,常にインスリンがダバダバ出ている状態(; ̄O ̄)



常に血中インスリン濃度が高くって
脂肪をため込むばっかりで分解されず、
エネルギー源としてつかえなくなることを

「インスリン抵抗性」と言います。




インスリンが出て血糖値が下がってきたら、
今度は、グルカゴンという

肝臓のグリコーゲンの分解を促進して血糖を上げ、
また脂肪細胞から脂肪を動員する、

つまり、自分の脂肪をエネルギーにしてる(ケトン状態)に
するホルモンが出てきます!!





インスリンとグルカゴンはお互いに制御しあう関係にあり、
一方が優位になると一方が抑制されます。


自分の脂肪をエネルギーにするグルカゴンが出る時間が長い方が
ダイエットには効くということですね♡




インスリンとグルカゴンのホルモン収差に
特化することこそが一番大事だとおっしゃってました。




自分の体重のセットポイントを変えようと思ったら、
カロリーを抑えるのではなくて、
脳から指令を出すホルモン自体から変えないとダメなのよ

というハナシです!!



現代人は糖質の摂り過ぎでインスリンがダバダバ出ている
状態の人がほとんどなので、このホルモンの出方を
まず修正するために、糖質制限をします。



特に中毒性の高い糖質(精製された穀物とか砂糖、ぶどう糖液糖とか)を避け
ビタミンミネラルの低い加工食品を止めるのは特に大事です!!
要は、お菓子やジュースとかですよね(汗)


それから、サラダ油などの植物油は避け、
飽和脂肪酸のラードやバター、ココナッツオイル、などを使いながら
高タンパク、低糖質(ご飯パン類麺類×)でケトン体優位の
ケトジェニック状態にもっていき、
その後、間欠的ファスティングをすれば良い!


ということでした!!


間欠的ファスティングというものは、
酵素断食とかとはぜんぜん違うものです。

1日に必要なタンパク質や脂質などはしっかり食べるけど、
今までダラダラ食いをしていたのを改め
なるべく回数を減らすというものです。

ただ、毎日1日にたとえば 昼と夜の2食にするというのは、
ただの食習慣であり、間欠的ファスティングではありません。


イレギュラーで食事を抜く日を作ったり、
1日1食にする日を一週間のうちに
数回作ったりする方法です。


食べるときはとにかくしっかり食べて、
抜くときは抜く!!

間食は一切しないで空腹感を楽しむんですって♡


これによって、インスリンとグルカゴンのホルモン収差が
正常になってくれるということですヽ(^o^)丿



ちなみに、鈴木先生は、糖の重要性にも気付き、
糖質制限はホルモンを安定させる手段として
最初は絶対条件だけれども、その後は
悪い糖質以外は食べるべきという
「糖質選択」を推奨されています。



糖質選択をしながら間欠的ファスティングを
オススメしてらっしゃいます!!





今日お話しになった内容は、
一月に発売になる著書の内容先取りだったそうです。
12月くらいにはAmazonで予約が開始されるそうで
今から楽しみなんですが、

そういうワタシはまだまだタンパク不足の
栄養失調状態から抜け出てなくて、
高タンパク高脂質で
やーーっとこさ平均体温が36,5℃になってくれるまでに
3年かかりましたので(汗)


間欠的ファスティング、略して間ファスをするまでには
まだまだ年月が要りそうです。

糖質制限は、その人の持っている体質や持病によって
いろいろ使い分けるべき奥が深い「聖域」なので、
ワタシも自身で実験の日々です。

いろいろな考えが出て来て、いろいろなお客さまの
いろいろな症状に対処できるようになれて
嬉しいことばっかりです。



いつになく難しいことを書いてしまいましたけど、
文字で残って、お客さま以外の人にも読まれるから
ほどほどの専門用語も交えて書いているのです。


お客さまにご説明するときは、
関西人特有の擬音を交えながら簡単にわかりやすく
説明させていただきますから
またナゾなことがあれば、いらしたときに
遠慮なく聞いてくださいね〜!!


f0135940_00082542.jpg

[PR]
by b-ohtani | 2017-10-21 21:06 | 糖質制限、糖質選択、ケトジェニック | Comments(0)

メガビタミンの講習会に行ってきた\(^O^)/

西宮市甲子園のトータルエステティックサロン ビューラー大谷

大谷怜子です!


f0135940_12524783.jpg
おとといの日曜日、facebookの糖質制限系のグループの
グループコンサルティングがあり、出席してきました!!


ところで前置き・・・

世の中、「糖質制限」という言葉の

糖質を制限する」という部分だけが
ひとり歩きをしているような気がします。


食べると太りやすい糖質をただ「抜く」だけでダイエットになり、
体重が落ちる、でも止めるとリバウンドする、
脳にエネルギーがいかなくなって低血糖を起こす・・・
やったらむっちゃヤバいヤツ等々・・・

などと悪いイメージが、
「日本人なんだから白米食べないとっ!!」とおっしゃる、
世間の常識と真反対なことをしていることに
恐怖感だけが先に立ってしもてる方々に
まことしやかにささやかれているというか、
バッシングに遭うとか、そんな感じです。


本来の糖質制限はそやなくて、
以前からブログで書いているのですが、

普段からの身体を動かすエネルギーを糖ではなく
脂質が燃えるときにできる「ケトン体」を
身体の燃料として生きるというのが大前提です。


糖質が体内で生み出すエネルギー量より
ケトン体の方が何倍も多いのです。
身体を動かすときに効率いいんですよ♡
「お腹が空く」という感覚を忘れがちですから\(^O^)/


そして、人間の身体の骨やら筋肉やら皮膚やら内臓やらを
構成しているのはタンパク質です。


「お肌のためにコラーゲンを摂りましょう!」

とか言うて、いろいろな美容系の商品がありますけど、
コラーゲンも含めてのいろいろ「タンパク質」が大事なんです。


高タンパクにすると、体内の原子が入れ替わるのが早くなります。


ちなみに、胃の粘膜は3日で修復、
腸の絨毛(ひだひだ)は1日で生まれ変わるんですって♡

肝臓は1ヶ月で96%の細胞が入れ替わり、
腎臓は1ヶ月で90%入れ替わるんだそうです。


高タンパクだと細胞の入れ替わりが早くなってくれるけど、
低タンパクだとスピードが遅くなって、
追いつかないから古いタンパク質(中古アミノ酸という)を
間に合わせで再利用して、
不出来な細胞が出来上がってしまうんですって(; ̄O ̄)


中古アミノ酸で再生された皮膚は、よりキレイにはなれないし、
中古アミノ酸で再生された内臓は、働きがイマイチです(ToT)




そんなん聞いてたら、

高タンパク摂取は究極のアンチエイジング


だと思いませんか〜♡




身体の材料になるタンパク質を大量摂取して、
脂質のケトン体を燃料にする。

この方法を選択していっぱい食べていると、
もう、甘いモノ食べたいとか、〆でお茶漬け食べたい
とかいう欲求自体がそもそも無くなってきます。
入る余地ナシですから(爆)


ちなみに、糖が身体の中に入ってきていろんな悪さをすることは
普段摂らないようにして、たまに摂ってみると、体感で判ります。
ものすごーーくしんどくなったりしますので(;゜ロ゜)


糖にはある意味「中毒性」があるので
(ここらへん、以前も書いてるし長くなるから端折る)
いきなり断つのはなかなか大変ですが、
(要は「ヤク中、アル中と同じなのね)

高タンパク高脂質で満たされると
人によってペースはさまざまですが、
ワリと簡単に要らなくなります\(^O^)/

これが、一番上手な「糖質制限のやり方」です。



「動物」である人間のあるべき姿は高タンパク・ケトン食だと気づいて
高タンパク摂取の食事法の代表格である「MEC食」を実践して3年。

MEC食は、肉(M)200g、タマゴ(eggのE)3コ、チーズ(C)120gを
ベース量に、ひとくち最低30回は噛んで食べるというモノです。



「野菜食べないとビタミンとミネラルが足りないやんっ!!」

というお声をちょうだいしそうですが、
実は、ビタミンC以外のビタミンミネラルは、
MECの方がふんだんに含有しているんですよ♡

このことも、以前ブログに書いています。


それ以外にも、エネルギー源としてのケトン体を出すために
動物性飽和脂肪酸であるラードやバターをたくさん摂取し、
植物性の飽和脂肪酸のココナッツオイルや中鎖脂肪酸のMCTオイルを
使ったりして、

低体温で寒がりでしんどがりのワタシが、
やーーーっと人並みの体力になってきてました。


しか〜し、残念ながら、そこまでやってても、
実は、人間ひとりを再生させるタンパク質の量としては
まだまだ全然足りてなかったんですって(; ̄O ̄)
ビックリです(°0°)

だって、手のアトピーは出てますし、ツメもガタガタですから(>_<)

それと、子どもの頃から続いてた便秘はやはりまだありましたしね・・・

半年前に数値調べたら、
相変わらずの「ド貧血」でしたもん(汗)


結局、胃の消化能力が弱かったり、
腸が下痢や便秘とかでイマイチな状態では、
一生懸命いろいろと摂取したところで
そもそもあまり吸収できてないんですって(汗)



そこから、さらなる高タンパク摂取を目指し、
プロテインとメガビタミンメガミネラルを実践して半年。

まだまだ胃に炎症が起きたりして、

水前寺清子の「三六五歩のマーチ」のように

三歩進んで二歩下がる〜♪

状態でのろのろと進み、今に至ります。



久しぶりに会った人には、

「若返ったね〜」とか、
「白くなったね〜」とか、
「髪が大復活したね〜」とか、
いろいろお褒めのお言葉をいただいております。
f0135940_12524783.jpg
ところでハナシは戻って・・・

広島に藤川徳美先生という精神科のお医者さまが
いらっしゃいます。

先生の治療法は
分子栄養学(オーソモレキュラー)の考え方をベースに

「ウツとかの心の病気は脳の栄養失調」

(ざっくり簡単に言うてみた)
ととらえ、最低限のお薬は処方するものの、基本、
「高タンパク食」や、ビタミンミネラル、
特に「鉄」をたくさん摂らせて、脳の栄養失調から
脱出させて、寛解、または完治に導くそうです。


とても研究熱心な先生で、精神科だけでなく病気全般いろいろについて
毎日facebookでいろいろな文章を書いてくださっているので、
ワタシにとって絶対毎日欠かせないチェック項目となっています。


その藤川先生が7月に本を出されまして、
愛読書となっているんですが、
こちらの本に書かれていることなどをベースにした
facebookグループ
「メガビタミン主義+糖質制限=藤川理論」の
勉強会があったので、半休して行ってきたのでした。


ごっつい長い前置きだったな〜(爆)



ワタシは、自分が胃や腸が弱く、
便秘やアトピーがあるので、如何に効率良く摂取して、
より健やかで美しい身体になるのがテーマなんですが、
エステという仕事をしているうえで、
どのようにみなさんにムリなくお伝えしていくかも重要です。

集まっていたみなさんはそれぞれいろいろな職業で、
いろいろなお悩みをお持ちです。

妊娠中の方や、いろんな難病の方、断薬中の方、
ほぼ初心者で情報集めの方、いろいろといらっしゃる中で、
テーマが似てる人たちがグループになり話し合うので、
自分の話もしながら、人の悩み事を伺いながら
どのようにしたら改善するのか、みんなで良い方向に
もっていくのです\(^O^)/

f0135940_00065932.jpg
いろんなお悩みの集合智。

午後の部だけの時間じゃまるで足りなくって、
午前の部と両方参加しとけば良かったって後悔しましたもん。
また機会があればぜひ参加しようと思っています。

f0135940_12525343.jpg
f0135940_12525676.jpg
f0135940_12530800.jpg
主催してくださった、東京の治療家の小西先生、
鍼灸師の鈴木加菜先生、本当にありがとうございました。


f0135940_12531747.jpg
打ち上げでは物足りず、二次会まで参加。
ワタシ以上にマニアックな「師匠筋」がたくさんいて
話しが弾みすぎて楽しすぎました\(^O^)/


ワタシはこういうマニアックな人間で、
いろいろと人体実験を繰り返しています。
最近は考えることや学習することが楽しすぎて
正直、睡眠時間を削ってます。

(というか、断糖肉食すると、あんまし長く寝なくても
ぜんぜん大丈夫だったりします)

だいたいの人のお悩みならお応えできる準備はしてあります!
どんと来いです!!

マニアックがお好きな人はぜひいらしてみてください(笑)
f0135940_12532761.jpg

[PR]
by b-ohtani | 2017-09-11 23:54 | 糖質制限、糖質選択、ケトジェニック | Comments(0)

武庫之荘で美味しいジビエ(鹿肉)が食べられます♥

西宮市甲子園のトータルエステティックサロン ビューラー大谷

大谷怜子です!



糖質制限(断糖肉食)をワタシ以上にちゃんとなさっているお客さまから

「武庫之荘に、ものスゴく美味しい鹿肉を
 出してくださるフレンチがあるんですよ〜」

と伺い、さっそくそのお店に行ってきました\(^O^)/


エマーブル

阪急武庫之荘の駅の南西側
阪急オアシスの道1本西に行ったところです。
f0135940_01441762.jpg
今年の春から、兵庫県養父市で獲れる
養父鹿」のお肉を提供されるようになったそうです。
f0135940_01441076.jpg
鹿肉は、牛や豚肉よりも、タンパク質が一番多く、
そして、鉄や亜鉛やビタミンB2,B6,B12も一番豊富です。

ちょうど昨日、ご近所でオーソモレキュラー(分子栄養学)の
診察をしてくださる栗木皮膚科で
血液検査をしていただいた結果が出たところで、


「胃に炎症が起こってます( ̄0 ̄)
 腸も具合よくないです(´д`)

 たくさんタンパク質を摂っても吸収が悪くなるので
 サプリメントの効果もあまり出ておらず、
 鉄、亜鉛、VB(B3ナイアシン、B6、B12,葉酸)や
 マグネシウムをかなり補給してはるのに
 数値に表れていないです」

と言われて、「ガビーン!」と思っていたところ。


実は、数値をみてなくても、
胃や腸がイマイチだとは重々わかっていました。
それで、自分なりに対策を施してはいたんですが
まだまだアカンかったようです( ̄0 ̄)


そんなワタシのために存在しているのが鹿肉でしょう(爆)


3年もかけてタンパク、脂質強化をしているのに、
胃や腸がイマイチだと、そりゃ吸収悪いし、
本来は胃と腸の調子を整えてからでないと
タンパクや脂質強化は成功しないので、
順番がテレコテレコでした。

みなさん、タンパク強化をしようと思ったら、
まず腸と胃の調子を整えてから始めてくださいね!


ワタシのように、昔から糖質まみれの生活をしていて
アトピーがあって体力がなかった貧血女子は
みんなたいがいそうですよ〜( ̄0 ̄)

やり方は伝授いたします\(^O^)/
f0135940_01435898.jpg
フレンチなのに、ピザやパスタなどはまるで頼まず、
鹿料理やお魚、そして、
有機や低農薬農家さんから仕入れている新鮮なお野菜を
たんまりいただきましたよ\(^O^)/

お料理の一部です(爆)
こちらは、淡路島のとなり、沼島のアジのカルパッチョ。
その周りには、新鮮で珍しい、みたことないお野菜が
瑞々しいのにパリパリに飾られています\(^O^)/
f0135940_02164502.jpg
いきなりレバーを食してみました\(^O^)/

バルサミコソースで、みためこってりしてそうですが
(レバーやし)
全然そんなことなく、小さく切ってゆっくり噛みながら
しーーーーっかり味わっていただきました!
全然しつこくないのにしっかりとした飽きないお味でした♥
f0135940_01435227.jpg
こちらはロース。
本来ならこちらを先に食べるのが普通かな(笑)

こちらもまた、淡泊なのに美味しかったです。

ハーブの「タイム」のソースで、お店自慢のソースだそうです!
みためは上のレバーの料理にかかってたバルサミコと似てますが
ぜんぜん違ってました!!

さすがフレンチ!
ソースもバツグンです♥


通わないといけないお店が増えてしまいましたヽ(^o^)丿








[PR]
by b-ohtani | 2017-09-09 23:45 | 糖質制限、糖質選択、ケトジェニック | Comments(0)

低気圧だと体調悪いよ〜という人が多い(ToT)

西宮市甲子園のトータルエステティックサロン ビューラー大谷

キャンペーンの準備が一段落、
嵐の前の静けさを堪能している怜子です。

嵐といえば、台風はびっくりするくらい
普通の雨で終わりましたねぇ(;゜ロ゜)

昨日はホンマは丸一日
強力に混んでるハズだったのに、

「体調が悪い」とか、

「子供を預かってくださる親御さんが調子が悪すぎて、
 預けられず出られなくなった」

という人が続出して、
超ヒマになりました(笑)


余談ですが
夕方に脱毛に来てくれるハズだった
友だちに、

「夕方は雨がひどくなるようやし
 様子見てキャンセルしてくれてええねんで!
 今日脱毛せんかったって死なんからね」


とLINEしといたので
「直撃情報」もあり、安全のため
キャンセルにしたら
笑うくらい雨が止んだ・・・

ということがありました(爆)

人生そういうモンです( ̄0 ̄)



それはさておき、

低気圧のときは、特に体力のない女性は
体調が落ちる方が多いんですよね〜(ToT)


サロンに来られたとしても、
いつもはおしゃべりが大好きでずっとしゃべってるのに
ずーーーっと爆睡されていたり、
地を這うような低い声でお話しになったり(笑)


梅雨や台風のときは、
特にそれが顕著です。


ここ半年ほど前から、
インディバのボディやフェイシャルや
オーガニックプレミアムパウダーなど、
月に2回ずつくらい
何かの施術をしに来てくださっている
当店では比較的お若いめのお客さまのハナシ。


初来店のときから、
声の張りのなさ、生命力のなさ、
お肌の透明感のなさ、むくみやすさなどが
とても気になっていました。


お肌のお手入れは以前から余念がなく、
美容皮膚科系のクリニックを2箇所ほど通われて、
レーザーがメインの治療を受けてらしたとのこと。


そこで受けたインディバの良さを体感し、
クリニックでは短めの時間設定しかないので、
長めにかけてもらえるエステで検索し、
ウチを選んでくださったのでした。


インディバは、母国スペインでは
ガン治療の現場で使われている
れっきとした医療器です。

日本では医療器として輸入するのは
国がうるさくてかなわず
結局、エステでも使える美容器として
入ってきたので、
我々はありがたくそれを使って
施術ができるわけです。


高周波が体内に作る熱によって臓器の機能を回復させ、
痩身や美容効果だけでなく「体質改善」
「免疫力向上」まで行い、
「正しいアンチエイジング」ができるインディバ。

細胞のミトコンドリアの中で作られる
ATP(アデノシン三リン酸)も
増やすことが可能です\(^O^)/


レーザーに頼ることなく、
自力での皮膚再生ができる能力をつけるワケです!


このお客さまは、体感でもって
インディバの良さに
気づいてくれました\(^O^)/


ところで、インディバの施術だけを受けていたら
身体の中から健康になり続けるから、
食生活は何食べてもいいと思いますでしょうか?

たしかに、健康な状態に近づけてはいけますよ。

でも、施術だけでは限界があります。

やはり、身体の中から整えないといけません。

自分の身体を作っているのは食べ物です。
彼女の生命力の無さに、

「人間の身体、筋肉、骨、内臓、
 つまり、細胞を作っているのはタンパク質であり
 お米とかのタンパク質や野菜じゃないんですよ〜

 そやから、もっとタンパク質を摂らんと・・・」


と最初の頃から申し上げておりました。

それからは、来られるたびに

「肉食べてますか〜?」

「たまご食べてますか〜?」


としつこいほど聞いてます(笑)


顔色が悪く体温の低い代謝の悪い女性は
以前のワタシも含め、
まずタンパク不足のビタミンミネラル不足の
貧血なパターンが多いようです。


それを解消するには「タンパク質の大量摂取」です。


よく、1日に30品目」とか言うて
野菜を大量に食べるために
朝から生野菜でスムージーとか作る方に
走りがちですが、


そやなくてタンパク質です。


そうじゃないと、

体温上がらないですからね!!




基本は、

肉200g、たまご3コ、チーズ120g
MEC食を推奨しているんですが、
チーズはやはり、乳糖(カゼイン)のこともあり、
おやつ程度にとどめてもらって、
基本は肉とたまごをゆっくり30回は噛んで
食べていただいています。


そやないと、以前菜食主義だったような
胃腸が超弱い女性が、
いきなりタンパク質を増やすと、
ホンマにエラい目に遭います。

なんどか書いてるんですが、
ワタシも昔はアトピーを治したいがために
マクロビもどきの玄米菜食をしてたのですが、
いつも不調で体温が低いオンナだったので
胃腸が弱く、
やはり、高タンパクに徐々にしたのにもかかわらず
慣れるのにはとても時間がかかりました(汗)




ゆっくり量を増やし、
ゆっくり噛むようにし、
そして、徐々に糖質を減らし、
糖の代わりにエネルギーになってくれる
飽和脂肪酸(バターやラード、ココナッツオイル)や
不飽和脂肪酸(オメガ3のえごま油や亜麻仁油など)を
増やしていってもらいます。


コツは、来てくださったら
ゆっくりじっくりお話しします。


彼女はよく教え(笑)を守り、
そういう食生活をするようにしてくれて、
お手入れのおかげも手伝って、
すっかりキレイでハリのある肌と身体に
なってくれてたんですが、

ちょっと前に風邪をひいてしまい、
この低気圧で体力も余計に下がってしまったので、

「胃腸が弱いときはおかゆ」

という古い考えが戻り、

買い物にも行けなかったせいで、
ロクにタンパク質が摂れてなかったので、
月曜に来られたときは、
ウチに来られたばかりの顔色の悪さと
声のハリの無さで再登場でした( ̄0 ̄)

イチからやり直しです(笑)




低気圧のときはしんどくて頭痛がするのがイヤ。

低気圧のときはイライラするからイヤ。

なんとなく不調になってアトピーや喘息とか
アレルギーまで出るのがイヤ。


こういう人はよかったらウチにいらしてください。

なんとかします!

クチうるさく言われるのがイヤな人は
来ないでね(爆)


「肉食えーーー!タマゴ食えーーー!」

ってうるさく言いながらも、
心を込めて、結果のでる施術をさせていただきますから(笑)



f0135940_03095418.jpg


[PR]
by b-ohtani | 2017-07-05 07:30 | 糖質制限、糖質選択、ケトジェニック | Comments(0)

アトピー その5(非ステロイド剤だけど・・・(; ̄O ̄))

西宮市甲子園のトータルエステティックサロン ビューラー大谷

大谷怜子です!



アトピーその5

敏感肌用の化粧品にあたり、
結局、近所の総合病院の皮膚科でステロイド治療をしてましたが、
またステロイド断ちを試みます(; ̄O ̄)


ほんで、今でもやっているのでしょうか???

ツムラとかのメーカーが出している製造品の漢方に挑戦です(爆)



「アトピーだから○○番飲んでね〜

 1ヶ月分出しとくね〜

 3ヶ月経ってイマイチ効かなかったら

 違う番号のに変えましょうね!!」


というのは常套文句です(; ̄O ̄)


アトピーでも、体温低くて乾燥するタイプとか
熱を持って赤く炎症を起こすタイプとかいろいろいてるのに
ザックリと「アトピーなら○○番と××番と△△番」とか
テキトーに出してましたね!



漢方界は奥が深く、体質と絡めて
複合的に出さないといけないというのは
あとでわかりました。

通り一遍の処方じゃダメだなとその時点では失望させられました(; ̄O ̄)


ところで、同時期に
非ステロイドのアンダーム軟膏でがんばっていたのですが、
塗るとなぜか痒みがでます。


「大病院もアカンやん(汗)」と不信感を持ち始めたので、
すぐご近所にできた個人の内科に切り替えました。

すると、

「アンダーム軟膏が原因になってるかも」と言われました。

ちなみに、この記事を書く際に、
「アンダーム」の名前があいまいだったので、ネットで調べたら、

「アンダーム 接触性皮膚炎のリスクが懸念され、現在販売中止」

と書いてありました。

そんなもん塗っとったんか〜〜い( ̄0 ̄)
f0135940_19425380.jpg


そのときのご近所の先生の情報は正しかったワケですが、
結局はまたステロイド漬けになって行くのですよ(ToT)



ちなみに、そこのご近所内科の先生は

ビバ!おくすり\(^O^)/


という考え方だったので、ついにステロイドの飲み薬まで出されましたよ。

「また来たぜ地獄が・・・ 」

という感じで次回お送りしようと思います(; ̄O ̄)

f0135940_18472716.jpg

本編とは関係ないけど、
2月22日=ニャンニャンにゃンの日なので、
うちのムスメたちをどうぞ\(^O^)/
上から、3,1,2の順番です。
f0135940_18474999.jpg

[PR]
by b-ohtani | 2017-02-22 18:45 | 糖質制限、糖質選択、ケトジェニック | Comments(0)

「糖質制限が子供を救う」は愛読書♥

西宮市甲子園のトータルエステティックサロン ビューラー大谷

大谷怜子です!



アトピー歴の話し、一旦休憩??

美容院の予約まで間があるので、
近所のケーキ屋でケーキを食べず
お茶だけ飲んでこの本を広げる…
f0135940_23341010.jpg

ケンカ売っているぞ 怜子(爆)


10年後、20年後、
カラダの中も外も差がつくから実践してます。


◯アトピーに悩む日々がもう来ないように…

◯できたら更年期障害に悩まんで済むように…
 (50歳 今のところ症状ナシ)

◯風邪やインフルエンザで仕事に穴を開けんでええように…

◯自分の歯で一生美味しく物が食べれるように…
 (糖質摂った翌日は確実にハグキ腫れますの〜(^_^;)

◯ガンにならんように…




血糖値の急な上昇は、血管壁を傷つけます。
細胞の「糖化」を促し、
固ーくなるし衰えるし、
エゲツないことだらけ。


糖質制限は「予防医学」です。


病気になった時の臨床医学も大事だけど、
病気にならないための予防医学はもっと大事*\(^o^)/*
そのためにやってます??



ちなみにこの本は、
北九州で学習塾を経営している方が書かれたモノです。

監修は、糖質制限界の雄、江部康二先生。


生徒さんたちに勉強を指導しながら、
糖質制限のご飯を出して、
結果を出してはるんですって*\(^o^)/*
成功事例がたくさん書いてあります。


◯集中力が増した

◯眠気が起こらなくなった

◯学習障害、多動がおさまった

◯思春期の問題行動がマシ

その他いろいろ❤️



「子供に糖質制限」というのは
推進派の人の中でも反対があったらしく、
書籍化するにあたっても、
本屋さんが軒並み尻込みしはったので、
自費出版しはったんですって。


販売前から話題だったので、
Amazonでは今、中古しかありまへん( ̄◇ ̄;)


この本に主に載ってるのは成功事例で、
糖質制限の詳しいことについては
散見するほどしか書かれてないので、
入門書にはできないかと…
興味を持つキッカケとしてはサイコーじゃないかと思います*\(^o^)/*

「ご飯はやめられなのよー( ̄◇ ̄;)」

という人は、せめて
精製されたお砂糖でできたモノや
ケーキから止めはるだけでも違うと思いますー



Amazon 糖質制限が子供を救う
[PR]
by b-ohtani | 2017-02-15 23:28 | 糖質制限、糖質選択、ケトジェニック | Comments(0)

アトピー その4(敏感肌用化粧品シリーズに負ける)

西宮市甲子園のトータルエステティックサロン ビューラー大谷

大谷怜子です!



アトピーその4!!

今日は、現在もお付き合いのある化粧品会社=F社が作った
当時発売になったばかりのアレルギー肌用のラインに負けたハナシです(ToT)


阪神大震災の後だったから、22年前だったかと・・・ 


当時、エステ業界でもブイブイいわしてはったF社は、
新シリーズを発表さしたら、いきなり全商品、
ボトルごと送ってくる戦略でした。



今、アトピーで困ってるワタシに

 敏感肌用をフルラインナップで送ってくるなんて、

 なんて神なの〜(涙)


と、藁にすがってしまい、いきなり使い始めましたのよ。



あ〜あ!何が入ってるか確認もせず、
体調の良し悪しも考えず、
いきなり全商品を使い始めるなんて
また、「アホ怜子」全開ですね(; ̄O ̄)


ハイ!また「ドカン!」です。



当時も今も、「お肌にやさしい」と謳っている化粧品の定義は、

身体や皮膚に悪いのは、石油系由来の合成添加物


で、それに対して、

植物由来の原料を使っている化粧品はお肌に優しい

という認識なワケですが、



当時のアトピーや敏感肌用の化粧品には

「薬草っぽい効果のある植物を入れてお肌を鍛えて甦らせる」

というコンセプトの商品が多く存在していました。



「その2」で書いたオードレ○ン(「マ」が入る)の原材料である
24種類の薬草っぽい植物に
抗原抗体反応を出すようになってしまったワタシにとって、

こういう敏感肌用ラインの原材料が結構かぶっていたので、
使い始めると即、却って反応が出てしもたワケです(; ̄O ̄)


たぶん、当時のいろいろな革新的な商品をつくるメーカーさんが、
「良かれ」と思って開発した敏感肌用化粧品ラインナップのほとんどが
現在残っていないのは、
ワタシのように、ドヒャーっと反応してしまう人の苦情が多かったからでしょうね(汗)


F社には散々文句を言い、その後、そのラインがリニューアルされる際には
かなり意見を申し立て、サンプルの時点でモニターになり、
協力したという後日談があります(笑)



ちなみに、この記事を下書きしてたら、
昨秋頃に担当が替わったばかりの営業さんがいらっしゃって、

「ヘッドハンティングをいただいて辞めることになりました」


とご挨拶されました。

ワタシがここで書いてイビったので辞められたのではないけど、
半年で辞めるって早すぎへん???



それと、この記事をアップしたあとにすぐに、
以前F社で商品開発をしていた人が、
いつもの花を持ってきてくれました\(^O^)/

新作です!
春まで余裕で楽しめるのでムッチャうれしい♡
f0135940_10583898.jpg



それにしても、ふたりをテレパシーで呼んだんだろうか?

ヘンな能力が出てきたのか 怜子よ・・・(; ̄O ̄)




前の投稿でも同じようなこと言うてたなぁ・・・・

今年に入ってこういうの多いんです(汗)


「ウワサしてると現れる」

「誰かに話すと実現する」




あ・・・ちなみに、現在のF社の敏感肌用シリーズ・・・ 
これはとてもお肌に優しいです\(^O^)/

とくにウォッシングは、アトピーの痒みや皮膚の裂けが
出てる方でも「だいじょうぶ」と言うて使っていただけてます。

f0135940_18472645.jpg

[PR]
by b-ohtani | 2017-02-13 19:45 | 糖質制限、糖質選択、ケトジェニック | Comments(0)

アトピー その3(抗真菌剤が効くんかなぁ?)

西宮市甲子園のトータルエステティックサロン ビューラー大谷

大谷怜子です!



ハイ!!アトピー治療ジプシーも、ちょっと路線を変えてみました\(^O^)/

今度は、今までいったことのない個人病院に行ってみたんです!


そちらのクリニックは当時、
新しいアレルギーの学説が出てたのに飛びついてはりました。



「ええか〜 アレルギーっていうのはなぁ〜

 『カビ』が原因で起こるんやで〜

 そやから、抗菌剤飲んでたら良うなるから安心しぃ〜




安心しぃ〜  安心しぃ〜 安心しぃ〜



という言葉が心地よく、また魔法にかかってしまいました(ToT)



薬の知識なんか当時何もないワタシにしてみたら、


「先生がそうおっしゃってるんだから治るに違いないや〜ん
 
ワタシってなんてラッキー♡」


と小躍りしましたもん!



抗真菌剤だからお薬代がちょっとお高めだけど、
2週間ほど飲んでみました。

・・・・湿疹の方は良くも悪くもならず(; ̄O ̄)


しかし、その病院に行き始めるちょっと前に買った靴を履いたとき、
すぐにできた「足の甲の赤み」だけがサァーッとひきました。


抗真菌剤が効いたのだから、
その赤みはただの「水虫」だったということです(爆)


知らんうちに水虫になっていて、そこだけが治っていたというオチ(; ̄O ̄)



ここでも学習しました\(^O^)/

アトピーに抗真菌剤は無用だということを・・・



ただ、皮膚上では症状が横ばいでも、
抗生物質の恐ろしさは
確実に腸内をむしばんでたんでしょうね。


今の知識があれば、風邪などでやたらと抗生物質を飲んでたら、
腸壁を荒らすから、絶対に飲みはしませんでしたけど、
知らないですもん(; ̄O ̄)
しょうがありませんよね〜(ToT)

しかし、そういう治療が祟ったのでしょうか・・・
ただでさえ便秘なワタシは、さらに症状が進んでいました。
ちょっとトイレをガマンしてただけで身体が冷えてしまって
よく膀胱炎になってましたしね。


すいませんm(__)m


ちなみに、ここのクリニックの話しを書こうとして
文字に起こし始めたら、
そこのクリニックで当時、栄養士をしてて、
今は事務長をやっている同級生と偶然会いました。

なんか、テレパシーとかで呼んだんかな???(; ̄O ̄)


カビの絵、かわいいでしょ♡
ワタシが書いたのとはちがうけど(; ̄O ̄)

f0135940_1743910.jpg

[PR]
by b-ohtani | 2017-02-13 00:03 | 糖質制限、糖質選択、ケトジェニック | Comments(0)

アトピー その2(薬草シャンプーでのエラい目)

西宮市甲子園のトータルエステティックサロン ビューラー大谷

大谷怜子です!




では、今日からは、アトピー暴発でお医者さんとお薬と

化粧品のジプシー歴を

語っていきたいと思います。




「ステロイドは危ない!

 使いすぎるとクセになって

止めるとリバウンドが起きる」



今でも常識ですが、当時でも言われていることでした。

でも、症状を和らげるために、皮膚科でも内科でも
ステロイドの塗り薬はバンバン出します。


ワタシも、痒みが出るとすぐにヌリヌリ・・・


いやいや・・・これではアカンやろ


と思い、

一念発起してステロイド断ちをしては深い谷に突き落とされます(; ̄O ̄)



たしか、大学出てからちょっと経ったくらいかな〜
一番最初の「谷」がやってきました。


いや、谷くらいでは済まへんかな(^_^;
ワタシ的には「日本海溝」レベル(笑)
人生で一番深い「闇」でした。

(日本海溝の画像を探してしまった・・・)

f0135940_10472810.png


「オードレ○ン」という名前のシャンプーってご存じですか?

今でもありますよ(^_^;
(○の中には「マ」が入ります)




ドクダミ、よもぎ、甘草等の、「身体に良い」とされる

薬草成分24種類が入っているシャンプーとローションです。

当時は内容成分を教えてくれたのに、

現在「医薬部外品」になっているので

何が入っているのか表示されていません(; ̄O ̄)




今までのシャンプーの概念を覆してて、

汚れを取るために入っている界面活性剤は添加物で、

石油由来の合成系と、植物由来のアミノ酸系があるんですが、

それら界面活性剤がまるで入っていません。



乾いた髪に豪快に直接ぶっかけるシステム\(^O^)/

髪や地肌が痛んでいると、薬草成分がそこから吸い込まれて、

泡立ちすらしません。


ただ、モミモミして吸い込ませるだけです。

そして、流さなくてもいいんです。



髪や地肌が健康になってくると、

ぶっかけると即泡立つようになります。



当時、営業さんがしゃべりながらいきなり

自分の地肌にブチューーーっとシャンプー液をぶっかけて

突然泡立て始めたのには度肝を抜かれました(爆)




「普通、皮膚は100日で生まれ変わるので、

 最初はステロイドを抜いたリバウンドもあるし、

 毒だしもあるから、強く痒みや赤みが出ますが、

 100日も経てば良くなりますよ〜\(^O^)/」




という営業さん力強いお言葉に後押しされ、実践し始めました。



・・・・・・・・

当時の写真は残っていません・・・

あまりにもヒドすぎて(; ̄O ̄)


湿疹が出てなかったところは、

お尻の左右の膨らみと足の裏くらい。




毎朝、パジャマを脱いで、シーツをはずすと、

床に粉がワサワサと雪のように降り積もります。




全身がこわばって動かしにくいし、

人前に出るのが恥ずかしくて、

お客さまの送り迎えに玄関の前に

出るのも躊躇するほどでした。


ホンマの「深い谷」でした(ToT)


さて、100日経って、

お肌の状態がどうなったかというと・・・・




何も変わらずずっと赤くただれたまんまです(; ̄O ̄)



「絶対良くなる」と信じこんでて、しつこく使い続けてたところ、

講習で勉強したことで気づきがありました。


抗原抗体反応

人間の身体にとって異物なもの(抗原またはアレルゲンという)

が体内に入ってきたとき、

それに対抗する物質(抗体)を作って、

抗原を排除しようとするシステムが備わっています。

これを「抗原抗体反応」とか「免疫」とか言います。



病原菌が入ってきたときだけ叩いてくれたらいいのに、

ええモノでも過敏に反応するようになってしまったら、

ワタシのように、塗ったり(または食べたり)しただけで、

ドバッと湿疹が出ます(; ̄O ̄)

これがヒドいとじんましんになったり、

ヘタするとアナフィラキシーショックとなって、
喉や鼻の粘膜がふさがって死に至ったりする場合もあるワケです。



結局ワタシは、


「ヨモギやらドクダミやらの薬草


 ハーブ類を入れると赤く反応をする弱い子」




になっただけなのでした(ToT)



100日間以上(実質5ヶ月)、

ただただアレルギー反応が毎日出続けて、

赤みが繰り返されてただけ。

とんだ無駄骨でした(; ̄O ̄)





前向きに考えたら、


「身を以て抗原抗体反応を学べた」

・・・とも言えますけど( ̄0 ̄)


今から考えたら大きな経験でしたわ(笑)




結局、近所の大きな病院の皮膚科でステロイドをもらって

引かせたのでした。


半年ほどステロイドを塗ってなかったので、
ホンマによう効きましたよ(笑)
半年くらいで、なんとか「見れる」状態になりました。


しかし、これじゃあイカンとまた一念発起。
懲りないオンナ 怜子(爆)

まだまだ続く(; ̄O ̄)





↓ 昨夜行ったお店の「クラシタ火肉山」

兵庫の名店「ポッサムチプ」の尼崎にできた2号店です!
f0135940_10435558.jpg

[PR]
by b-ohtani | 2017-02-12 11:48 | 糖質制限、糖質選択、ケトジェニック | Comments(0)

アトピー その1(アトピーになった経緯)

西宮市甲子園のトータルエステティックサロン ビューラー大谷

大谷怜子です!



先週のブログで、
「糖質制限、断糖肉食について発信していく」

と言うておきながら、10日も経ってしまいました(^_^;
お尻が重いです!すいませんm(__)m



身体にとって本当に大切なのは、タンパク質と脂質で、
糖質はそもそも人間にはフィットしていないエネルギーであると書きました。


摂りすぎるといろいろと不具合が出ます。


でも、当たり前のようにはびこっているのは

不健康になるのは、脂質と塩分の摂りすぎと野菜不足。

高めのカロリー!



そして、

「病気はお医者さんが治す」

「病気はお薬で治す」




と当たり前のように思われているこの概念をくつがえしたくて
まずは、糖質制限について詳しく語る前に、
昔、ワタシがどういう食生活をしていて、
それから、なんでアトピーになって、
病院の治療と食養生の紆余曲折(笑)を経てここにたどり着いたのか、

どれくらいのたうちまわったのか(爆)書いておきたくて・・・



ごっつい長くなりますので、
シリーズ化することにしました(汗)
すいませんm(__)m



当時は良かれと思っていた治療や食生活の経緯を
読んでいただいて、みなさんに

「あ!私も同じやわ〜!!
  
 じゃあ私もこのままだとヤバいかも〜(; ̄O ̄)」


と気づいていただけたら幸いです。





ワタクシ、子供の頃は、脇の下とかヒジヒザの裏など
関節のところにだけ湿疹が出てる子でした。


中高時代の一番消費エネルギーが高く、
活性化してた頃は、湿疹はまるで出ずで、
正直、自分がアレルギーがあるだなんて忘れてたくらいヽ(^o^)丿


ですが、二十歳になったと同時に暴発したんですよ(; ̄O ̄)




ワタシの実家は昔から、朝はパン果物、ハムにたまご、
昼間は麺類(家にいる場合)、
そして、夜は和食なのでご飯
おかずはお肉かお魚、そして何か野菜、
こんな感じでした!!


ごくごく普通の日本人家庭の食事ですね。
ここに関西人なら「たこ焼き」とかも入ります(笑)


幸い、母が東京モンなので、
我が家に粉モン文化はありませんでした!


しかし、朝のパンや果物、昼の麺、夜のご飯と
要は糖質まみれ。
お菓子ももちろんいっぱい食べてましたよ!


好きでしたもん!!


あ・・・ちなみに、
土曜日のお昼はカップラーメンでしたしね(^_^;

その頃は、カップラーメンが身体に悪いなんて概念は
社会的にもこれっぽっちもなかったと思います( ̄0 ̄)



高校のときは、クラブしてたし、
お昼は「パンを4コにうどん1杯、ジュース2本」
とか、ものすごいことしてました(爆)


クラブを止めても、高校を卒業しても、
その生活はほぼ変わらず(^_^;


そして、ハタチになった頃、
子ども時代は関節にしか出ていなかった湿疹が、
背中一面とか、手とかに出だして、

「こりゃ〜 今流行り(?)のアトピー性皮膚炎というものだな・・・(^_^;)」

と気づいたのです。


ちなみに、一番近所の皮膚科に行って、
「これ、アトピーですか?」と伺ったら、

「う〜ん なにかしら〜?

*:.。..。.:*・’(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*」



・・・とお花畑の中で「アハハ〜!」と笑いながら
クルクル回ってるような軽やかな声で、
お答えになったので(要は何かわかってらっしゃらない風)
それ以来、そこには行っていません(笑)



「アレルギーや湿疹は、母方の親戚が鼻炎とか多いし、
あちらから受け継いだ体質だから出ててもしょうがない!」



と当たり前のように思っていました。



実際、アレルギーの因子は「優性遺伝」で、
両親のどちらかが持っていると、とりあえず子供には受け継がれるそうです(^_^;



ほんで、症状が発現するかしないかは本人の免疫力体力次第



ワタシは免疫力低い子やから、アトピーが出てもしょうがないのよね(ToT)

くらいに思ってました・・・・・


実際、兄は鼻炎くらいしか出てないのに、
ワタシと弟は湿疹で出てましたからね。

弟なんかはアトピーもヒドかったけど鼻炎持ちでもありました。
チビッコの頃はぜんそくもありました。

このように、兄弟でも出方に差があるのです(ToT)


あ!ちなみに、アトピーも鼻炎も花粉症もアレルギー性結膜炎も
喘息も、みんなアレルギーですからね〜!!

花粉症だけしか出てなかった人が、急にしっしんが出たりとかするのは、
そういうことです!!



その後、病院でアレルギーチェックをしていると知り、

数値が高く出るモノはなるべく除去するという方法を行いました。



ダニとかスギとかホコリとかに弱いからマメに掃除をする

たまごとか大豆とかを食事から除去する




今でもこれが常識ですよね!

ワタシもそうだと思い込んでました。


もちろん、アナフィラキシーショックと言って、
アレルギーの出るものを食べたり触れたりするだけで
クチの中や鼻の中などの粘膜が腫れて呼吸困難になり
死に至る・・・という症状があったり、

「遅延型アレルギー」という、同じものばっかり食べてたりすると
いずれアレルギー症状を起こしたりすることもあるので、

アレルギーチェックの検査は大切ですが、
普通のアレルギーの人が、
体質改善もはからずにただただそれらを省くだけで
症状が出ないようになる・・・というのは土台ムリです(; ̄O ̄)




今ならそういうことがわかっているんですがねぇ(汗)


ということで、ここからは信頼できる病院とお薬と理論のジプシーと、
塗り薬や化粧品に飛びついて、リバウンドとの戦いが始まるわけです。

f0135940_19491339.jpg

[PR]
by b-ohtani | 2017-02-10 10:13 | 糖質制限、糖質選択、ケトジェニック | Comments(2)