西宮市甲子園のインディバエステとさとう式リンパケアと加圧の老舗サロン  ビューラー大谷の美と健康のコラムです。酵素飲料、正しい糖質制限、MEC食、高タンパクメガビタミン、オーガニックプレミアムパウダー、そして、趣味の映画、JAZZ、カメラ、ネコ、阪神についていろいろ語ります。


by b-ohtani

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
インディバ
オーガニックプレミアムパウダー
加圧トレーニング、さとう式リンパケア
不再生電気脱毛(ニードル脱毛)
その他フェイシャル
ビューティーヘルスケアの酵素
ドクターリセラ化粧品
ダーマロジカ化粧品
美容コラム
高タンパク、糖質制限、分子栄養学
健康、ダイエット、アレルギー
お客様のお声
ネコたち
食べました
カメラ
JAZZ
映画
日々雑多

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

お気に入りブログ

ビューラー大谷関連のHPとブログ

最新のコメント

ホズミさま(笑)ワタシの..
by b-ohtani at 10:28
33周年おめでとうござい..
by hosumi_moriwaki at 06:20
あらーーー㈷..
by b-ohtani at 00:05
もらい事故…( TДT..
by hosumi_moriwaki at 23:16

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

美容・健康
健康・医療

画像一覧

カテゴリ:JAZZ( 21 )

JAZZ講談のコンサートでした!

西宮市甲子園のトータルエステティックサロン ビューラー大谷

大谷怜子です!


2月7日(水)は半年に1度行われる
JAZZ講談のコンサートでした!
f0135940_01393051.jpg

本日もたくさんのお客さまにご来場いただき本当に嬉しかったです!
リピーターさんがほとんど(笑)
ウチの関係者も、ほぼ全員がリピーターさんでした。

初心者にもわかりやすく、
オールドファンにも喜ばれるJAZZ講談。
ホンマにオススメです\(^O^)/

次回は、8月2日(木)に決まりました。
もちろん、いつもと同じ場所の
大阪梅田ブリーゼホール(小)です。

またお声かけください!

このユニットが結成されて12年。
オットの手伝いで1回行ったら、
「ミュージシャン関係者の当日受付」の仕事をすることになり、
毎度、その場がワタシの職場になりました💦

だいたい水曜にやってくれるのですが、
今回は水曜が空いてなくて、
木曜になってしまいました💦
早引きせねば・・・


f0135940_01390248.jpg
f0135940_01390265.jpg
ここ数回皆勤の同級生友達O氏が最前列を陣取り
写真を撮ってくれました。

さすがライカ♡♡


f0135940_01390279.jpg
スタン・ゲッツの「ゲッツ」です。

コンサートに行った人しか意味わからないのですいませんm(__)m
f0135940_01393908.jpg
父&母です(笑)

ご近所のJAZZファンのおじさんとかおばちゃんとか
大集合でした\(^O^)/


サロンのお客さまにもたくさんいらしていただきました。
本当にありがとうございましたm(__)m
感謝感謝です😢








[PR]
by b-ohtani | 2018-02-07 23:54 | JAZZ | Comments(0)

クリスマスソングについて思うこと♡

西宮市甲子園のトータルエステティックサロン ビューラー大谷

グループLINEに「メリークリスマス」と
LINEのスタンプを送ろうと思ったら、
何一つ持っていなかったという枯れたオンナ、怜子です(;゜ロ゜)


それにしても、ブログのUPがご無沙汰でした(>_<)



キャンペーンのかけ込み需要がほぼ終わり、
昨夜はやっと普通に帰宅して、
陸王の最終回やフィギュア男子全日本を観ることができましたよ♡


心にも余裕ができ、ここ2日ほど、


メル・トーメの「The Christmas Song」と
ジョン・レノンの「Happy Christmas(War is Over)」

という超有名なクリスマスソングが
頭の中をグルグルルーティンしています。

youtubeです↓


Mel Torme / The Christmas Song


John Lennon / Happy Xmas (War Is Over) 1971

f0135940_22591071.png
サロンの有線はJAZZのチャンネルで
静かなBGMをかけています。


12月に入ると同時に、1時間に1曲ほど
クリスマスソングが流れだし、
20日くらいになると、5曲に1曲くらいがそうなります。

ハロウィンが終わったと同時に
街がクリスマス色になり
毎日朝から晩までクリスマスソングを流されると
ノイローゼになるのですが、
小じゃれたジャズアレンジにしてるクリスマスソングがたまに流れるくらいが
なんのストレスにもならずにちょうどいい感じです。



ジャズはなかなか万能で、
ポップスなどジャンル関係ナシに、どんな曲でも
だいたいはジャズにアレンジできたりするので、
丸一日サロンにいると、いろいろアレンジされた
クリスマスソングを聴くことができます。


しかし、
ジョンレノンのHappy Christmasをスウィンギーにアレンジしたり
してるのは聴いたことありません。


それは、「War is Over」という副題がついてるように、
「反戦」というしっかりとしたテーマがあり
作品自体が完成度が高く出来上がってて
世界中のみなさんに周知されてるので、
アレンジして独自色を出してやろうという気持ちが
起きないんでしょうね。

なにか、神聖なものに手を加えて
本質を見失うのが感覚で解っているのだと思います。



メル・トーメの「The Christmas Song」も、
「反戦」色とかは無いけど
作品として出来上がりすぎてて、
美しいバラードとして世界観が確立されているので、
ヘンにアップテンポでいじくりまわすような人が
誰も出てこないんだろうな・・・



原曲の美しさや世界観をそのまま残すことは
本当に尊いことです。


それなので、TSUTAYAとかVillage Vanguardあたりで置いてある
ポップスの曲を安易にボサノバアレンジにしている
オムニバスアルバムとかはチャラチャラしてて
とても苦手です。


耳障りはいいんですけどね(汗)
「心」がないんですよ😭



そういう音楽が流れつづけてるサロンにお邪魔したりすると
エンドレスで同じアルバムがずっとかけてはったりして
正直、拷問気分を味わえます(汗)



もし、クリスマス時季にライブに行けたとして、
ボーカルのお姉さんがサンタの格好とかして
The Christmas songをチャラいアップテンポの
ボサノバアレンジみたいにしとったら、
ステージに上がってって、「上段回し蹴り」を食らわし、

「もともとの曲のもつ美しさを損なわずに歌えーーーー!!」

と恫喝してまう自信があります😁



ちなみに、上段回し蹴りはできません。
相手の膝に届くほどしか足は上がらないと思います(汗)


・・・と、クリスマスの夜に
そんなことを考えてみました。


サロンのクリスマスのライティングも今日まで。
明日からはBGMも普通に戻ります。

一気にお正月気分ですね😁
f0135940_02233318.jpg






[PR]
by b-ohtani | 2017-12-25 21:48 | JAZZ | Comments(2)

Coração Vagabundo カエターノ・ヴェローゾの代表作

仕事帰りに、自宅真ん前にあるダイソーに飛び込みました!

インディバをかけるときに
どうしても必要なモノが要るのに、
寄るのをついつい忘れてしまふ(汗)
または、閉店時間に間に合わない(ToT)


やっとこさ飛び込んだら、
かかってたBGMが
カエターノ・ヴェローゾの「コラソン ヴァガブンド」
(放浪者の心)
でした。



なんちゅうシブさなんや〜♪ 
ダイソーやるやん


と思いながらウットリ聴いていたら
蛍の光が流れ出しまして・・・(汗)


その後、

慌てて探す→見つからない→店員さんに聞く→品切れ( ̄0 ̄)

という顛末でした(ToT)


そんなことはさておき、ステキな曲なので
聴いてみてください。


ワタシが生まれた1967年に発表されたアルバムの1曲目。



添付しているyoutubeの音源は、
ハーモニカ奏者のトゥーツ・シールマンスが
ブラジルの有名ミュージシャンたちを
たくさん参加さして
プロデュースしてはるアルバム
「ブラジルプロジェクト」でのもの。

名曲は50年経ってもまったく色あせません♥

f0135940_02140216.png





[PR]
by b-ohtani | 2017-11-18 00:12 | JAZZ | Comments(0)

オットがNHKに出た続編

西宮市甲子園のトータルエステティックサロン ビューラー大谷

昨夜の演奏された曲、

「The Days of Wine and Roses」
(酒と薔薇の日々)

を一発変換しようとしたら

「鮭とバラのヒビ」

になってしまった残念なツマ 怜子です。



毎週金曜の夕方に、
トアロード沿いのNHK神戸放送局で行われている
ジャズライブ神戸。

毎回18時43分くらいから生放送で
2曲分だけ生中継が入ってテレビに映ります。

残念ながら、観ることができるのは
神戸放送局の番組が映る兵庫県だけ。
尼崎を一歩越えると「大阪放送局」になっちゃうので
観れません(; ̄O ̄)


おととい告知したように
昨日はオットが出演したので、
お客さまやお友だち等々から、たくさんの画像を送っていただきました!!

本当にありがとうございます。
感謝感謝です(ToT)

f0135940_16222220.jpg
真ん中のリーダー アルトサックスの河田健さんは
オットと同い年の65歳(66?)
左のギター 畑ひろしさんは、ギリギリ50代。

平均年齢高めの超ベテラントリオです。
f0135940_16213736.jpg
ベテランならではの馥郁たる演奏でした\(^O^)/

雰囲気も大人で、とても贅沢な感じでしたね!


・・・・・と言いたいところなんですが、

NHKにちょっとひとこと(汗)



おんどりゃーーー! NHK!

ウチの亭主のベースは

重低音で深みのあるビートがウリなんじゃーーー!

よくもあんなペラッペラの音に

仕上げてくれたなーーー!

PA ちゃんと働かんかぃっ!!!(怒)




はい・・・大変クチが悪うございましたm(__)m
失礼をいたしました(汗)


なんかペンペンとしてて
「おんどりゃーー 三味線かっ!!」と

ツッコミを入れておりました。



テレビのスピーカーが悪いのか?

月曜からはHPで二週間観られるので、
自宅のマイMacはキチンとしたアンプとスピーカーにつないであるため
(ええ音で音楽を聴くための投資)
そこでまた確認したいと思います。


こだわりがキツいと、ホンマ、
クチうるさくてすいませんっ!!(汗)



それにしても、ベースやドラムはバンドの低音部を支える
大事なポジションなのです。

バンドの音の低音部に広がりを持たせ、
深みを出すわけです。


たった3人のトリオの演奏でも、
多数の楽器を要するオーケストラと一緒ですから・・・

その低音部を支えるベースの音が

「ボーンボーン♪」じゃなくて、ペンペンいうとったら
ホンマなんちゅうこっちゃですよ(爆)


ベース(=コントラバス)はもともと生で使うアコースティックな楽器だし、
アンプやマイクに通すとどうしても出てくる音が
難しくなるので、
ミュージシャンたちは、楽器や弦だけでなく
アンプやマイクにも細心の注意を払います。

お店側にも要求するし、
ワタシがライブを聴きに行ってて、
音が小さすぎたり、大きすぎたりすると

「ヘンやで」

とジェスチャーして知らせたりもします。



みんながみんな、そういう苦労をしてはるので、
PAさんもそういうのを解ってくださってる方に当たると
とてもラッキーです!

そやから、そういう腕のあるPAさんは重宝され
大忙しです。

しかし、アコースティックな楽器の音を
デジタル放送で流すというのも
ムリがあるのでしょうね(ToT)



なんかグダグダいうてすいませんっ!!



ところで、JAZZは難しそうで、かなり身近な存在です。
CMとかで曲を聴いたら知ってるものがいっぱいあると思います。

なにも知らずにライブに来ても楽しいし
ぜひ聴いてみてくださ〜い♡


・・・と気難しいことを書いてしもたワタシが
そう申してもあきませんかね?(爆)









[PR]
by b-ohtani | 2017-10-28 16:27 | JAZZ | Comments(2)

オットがNHKに出ます(笑)

西宮市甲子園のトータルエステティックサロン ビューラー大谷

大谷怜子です!



今日はホンマに忙しかったです(^_^;)

ドラフトの中継を観るために、

朝から夕方5時ギリギリまで

施術やら銀行やらを詰め込んでしまいましたので

大変でした( ̄0 ̄)


しかし、

清宮くんと、東大カシコの宮台くんを日ハムに持っていかれ、
履正社の安田くんをロッテに持っていかれ、
秀岳館の田浦くんをソフバンに持っていかれました(^_^;)


心が完全にドラフトに向かっていたので

告知が遅れてしまいました(汗)



10月27日金曜の夕方、

オットでベーシストの神田芳郎がNHKに出ます!



18時台のニュース内で、
「ジャズライブ神戸」というコーナーがありまして、
神戸放送局で生演奏をやっているのを、
18時40分くらいから10分間だけ生中継が入り、
2曲演奏します\(^O^)/



メンバーは、
河田健さん(Alt Sax)
畑ひろしさん(guitar)
オット(Bass)



テレビ画面で観られるのは、

神戸放送局が映る
兵庫県のお家だけなんですが、
こちらのHPの「前回のライブ」ページにて

来週の月曜から2週間は
動画で残るので観ることができます!





[PR]
by b-ohtani | 2017-10-26 23:54 | JAZZ | Comments(2)

ダイアナ・クラール姐さんの新譜が届く♡

西宮市甲子園のトータルエステティックサロン ビューラー大谷

大谷怜子です!



休み明けの楽しみにとっておいた

ダイアナ・クラール姐さんの新譜が届きましたヽ(^o^)丿


深夜に上質な深みを堪能する悦び\(^O^)/


今生きてはる女性外人ボーカルの中で一番好きなんですよ〜!!


(ピアノもすばらしいけど・・・)


バックを務めるミュージシャンももちろん超一流♡


1曲目のイントロのベースラインからしてもうイチコロ(古っ!!)





f0135940_15590211.jpg

[PR]
by b-ohtani | 2017-05-11 20:36 | JAZZ | Comments(0)

ジャズ講談2017年冬公演 終わりました!

西宮市甲子園のトータルエステティックサロン ビューラー大谷

大谷怜子です!



JAZZ講談コンサート、大盛況のうちに終わりました!
f0135940_1314983.jpg


4代目玉田玉秀斎さんのトーク(?)も非常に滑らかで

会場もなごみながらも超盛り上がり、

演奏もサイコーでした!!

f0135940_1314613.jpg



お越しいただいたお客さま。

本当にありがとうございましたm(__)m

イチ「もぎり」として心より御礼申し上げますm(__)m


本日たまたま65歳の誕生日を迎えたオットの

お祝いをみなさんでしてくださって、

本当にありがとうございました(ToT)



みんなの気持ちがごっつい嬉しいですヽ(^o^)丿

普段は食べへんけど(笑)、心よりありがたく

ケーキをちょうだいしました〜(ToT)
f0135940_1335188.jpg


あ!そうそう!次回は8月2日に決まりました!

もちろん水曜日です。

みなさま、どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m
f0135940_1321881.jpg

[PR]
by b-ohtani | 2017-02-01 23:48 | JAZZ | Comments(0)

ジャズ講談コンサートのお知らせ 2017年冬

西宮市甲子園のトータルエステティックサロン ビューラー大谷

大谷怜子です!

f0135940_20211634.jpg

告知が遅れましたが、

半年に一度恒例の「JAZZ講談」のコンサートが

2月1日(水)19時より、

大阪梅田のブリーゼブリーゼ内

サンケイプラザ小ホールで行われます!


いつものように出演者身内として受付に立ちます。

(例によって例のごとくワタシの定休日なので)


事前にお知らせいただけたら、当日のお支払いでも

前売り料金でチケットをご用意さしていただきますよ〜\(^O^)/



今回の演目は

「名曲で綴るジャズレジェンド”A to Z”」前篇

講談師の旭堂南陽さんが「四代目玉田玉秀斎」を

襲名されて、初のジャズ講談のコンサート。

ご期待くださいヽ(^o^)丿

_________________

出演は、講談の玉秀斎さんのほか、

演奏では関西屈指のジャズミュージシャンたち・・・

テナーサックス・里村稔

ピアノ・石田ヒロキ

ベース・神田芳郎

ドラムス・上場正俊

今回の公演は「前篇」約10曲としてまとめ、

今年夏ごろをめどに「後篇」約10曲で完成するロングバージョンです。

ということで、乞うご期待!(^^☆

☆日時 2017年2月1日水曜日 19:00~21:00

☆会場 サンケイプラザ小ホール

   サンケイホールブリーゼと同じフロア

   大阪市北区梅田2丁目4-9ブリーゼタワー7階

☆チケット 前売り¥2,500 当日¥3,000
[PR]
by b-ohtani | 2017-01-15 20:25 | JAZZ | Comments(0)

Miles Aheadを観てきました

西宮市甲子園のトータルエステティックサロン ビューラー大谷

大谷怜子です!

f0135940_01540705.jpg

本年1本目の映画「Miles Ahead」を観てきました。

http://www.miles-ahead.jp/

f0135940_01544784.jpg

JAZZの帝王、マイルス・デイヴィスが、

1970年台後半くらいに、体調とかいろいろ悪くって

活動をしてない時期がありはって、

その間に何をしていたのか・・・

こんなんだったんじゃないか・・・

という想像をもとに書かれたフィクションです!

大スターなだけに、それだけで立派なモチーフになり、

作品化されるワケですね\(^O^)/


予告編で、かの日野皓正氏が、

「知らなかった。親父の歴史がここに!」

と言うてはりますが、フィクションですから

信じないでください(爆)




映画化をしたのは、主演も努めたドン・チードル。

監督も脚本も制作もしはったそうです。

ドン・チードル、昔から大好きな俳優さんです。

それだけでもワタシにとって観る価値アリです。


ドン・チードルといえば「ホテルルワンダ」が有名ですが、

もっと前の、たぶん20年以上は前の、

かの大スター マーク・ウォルバーグのデビュー作である

「ブギーナイツ」で、街のマニアックなオーディオ店のオーナーで

「黒人なのにカントリー音楽が好き」という役どころで

店でカントリーをかけまくる店主を好演していたのが

ツボにハマり、以来ファンです。

とかいいながら、アベンジャーズのシリーズとか出てはる

らしいのに観てなかったですm(__)mm(__)m



脇を固めるのはユアン・マクレガー。

こちらも大スター\(^O^)/

大スターが出てるのにもかかわらず、

こちらの作品、低予算だそうです。


音楽映画なハズなのに、格闘シーンあり、

ドンパチやカーチェイスシーンもありと、

娯楽作品に仕上がってもいます。

低予算で娯楽作品でライブシーンもありと、

そういう意味ではお得な映画なんですが、

ワタシ的には、

「ドン・チードル ようがんばった♡」

という感想で締めたいと思いますm(__)m



オマケ的に、ラストにライブのシーンが入ってるのですが、

今、大スターな人たちが演奏しているので、

現在のJAZZシーンのファンの方にとっては

美味しいとこだと思います。




秋には、やはりトランペット奏者で、

ドラッグやらなんやらで最後はボロボロになりはった

チェット・ベイカーの同じくフィクション映画

「ブルーに生まれついて(Born to be blue)」

も公開されて、

こちらでは、イーサン・ホーク、今度はドン・チードルが

それぞれ2人のJAZZの大スターがドラッグがらみで

身を持ち崩してる間のエピソードを想像して

新たな物語を作ってしもたという作品が

ふたつも偶然重なって(ふたりともトランペッターだし)、

なんだか面白いですよね〜!!


イーサン扮するチェット・ベイカーの作品にも

マイルスが出てきますしね〜

同時代を生きた大スター!

今でもファンの心を掴み続けてることは間違いないです\(^O^)/




これは本物のマイルス(笑)
f0135940_12373162.jpg

[PR]
by b-ohtani | 2017-01-12 01:09 | JAZZ | Comments(0)

サロンのBGMをJAZZに変えてしまった\(^O^)/

西宮市甲子園のトータルエステティックサロン ビューラー大谷

大谷怜子です!



数ヶ月前、急に思い立って、サロンのBGMを

JAZZに変えてしまいました。

今まで、もう20年くらい使っていたUSENのチャンネルは、

いわゆる無難なイージーリスニングの

「A-10」チャンネルで、

使用している場所も多く、

街に出て、何気なく入った喫茶店とか

ホテルのロビーとかで流れてて、

仕事を途中で抜けて、ユニフォームのまま治療に行った

近所の歯医者で、まるっきり同じ音楽が流れていると、

「ここは職場か?ワタシ、ユニフォーム着てるし( ̄0 ̄)」

と、おクチを大きく開けながら、

なんだかワケのわからない寂寥感(?)に包まれていたのでした(苦笑)


とにかく、急にそのチャンネルに合わせてるのが

イヤになったのです。

A-10チャンネルアレルギーです\(^O^)/


「自分の仕事場なんだから、好きな音楽を流してしまえ〜」

・・・と突然気持ちが変わったのでした\(^O^)/



今までは、「JAZZはエステのBGMには合わない」と

思い込んでたんです。

ゴリゴリにスウィングしたり、金管が華やかに鳴ったり、

フルバンドが「パラッパーー♪」と鳴ったりすると

音が大きくなるし、

黒人さんの声量のあるボーカルが

スキャットでもされたら気が散ってもってのほかです。

バラードを朗々と歌ったりすると、

サロン内が突然ムーディーになったり(爆)



そうしたら、ちょうどいいチャンネルを見つけました\(^O^)/

「A-9」と「C-18」です。



「A-9」は美食空間JAZZというチャンネル。

レストランとかでやたらにJAZZが流れているのは

たぶん、このチャンネルかと・・・

こちらはピアノトリオが中心で、マイナーの曲調な曲が多く、

若干辛気くさい(;゜ロ゜)


ほんでたどりついたのが「C-18」です。


ピアノとベースとドラムのオーソドックスなトリオだけでなく、

ピアノとギターのデュオとか、

金管が入っても、アルトやラッパが1本ずつだけとか、

ゴリゴリにはスウィングせず、

ハデなドラムソロとかが入らず、

もちろんボーカルなしで、

BGMの根幹をおさえています\(^O^)/


有名なスタンダードの曲もよく流れるんですが、

オリジナルが流れることが少なく、

誰が演奏してるのかがわかりません。

有線の機械の画面とか、HPには名前が出てるんですが、

施術中には確認できないのでわかりましぇん(涙)

そこがまた良いのです♡


アレンジや楽器編成が全然違うと、本当に新鮮です\(^O^)/



スタンダードの中でも、

「Waltz for debby」とか、

「Emily」とか、

「Someday my prince will come(いつか王子様が」とか

「Bluesette」とか、

4分の3(ワルツ)のメロディーの可愛らしくて

みんなに愛されてる曲は、ホンマによう流れます♡

「Waltz for debby」なんかは、日に最低3回は聴きます。

でも、毎度毎度、違う人が演奏してるモノが流れて、

あるときは金管入り、あるときはテンポ早めのスウィンギーなと

いろいろ変わっていて、まったく飽きません\(^O^)/

いろんなアレンジが楽しめるのはJAZZの醍醐味!

笑えるのは、オリジナルであるBill Evansのバージョンを

このチャンネルで流れてるのを

聞いたことがないという(爆)



ちょうど今日までがクリスマス!

12月1日からクリスマスソングがこっそり流れ、

1週間前くらいになると、7〜8曲に1曲が

クリスマスソングになってます。

明日からは全然無くなるんだろうなぁ〜

曲を選んで順番考える人、ホンマにエラいわぁ〜♡


エステのオーナーさんで有線を利用されてる方がいらっしゃったら、

C-18オススメですよー❤️

Waltz For Debbyのオリジナル Bill Evans
f0135940_18492275.png

[PR]
by b-ohtani | 2016-12-25 19:57 | JAZZ | Comments(0)